心臓病のある子どもたちの親と、心臓病者、それに準ずる人たちの会です。

TEL.011-512-3233(北海道難病連取り次ぎ)

〒064-8506 札幌市中央区南4条西10丁目 北海道難病センター内 北海道事務局

医療講演会・交流会が終了しました

医療講演会・交流会が終了しました

《講演会》
日時 2018年10月6日(土)10:30~11:30
会場 札幌市北区民センター
講師 藤田憲明先生(北海道大学病院 手術部・麻酔科助教)
参加 会員7家族(大人11名・子ども1名) 
    非会員大人2名・子ども1名

《交流会》
日時 2018年10月6日(土)12:00~15:00
会場 札幌市北区民センター
参加 会員6家族(大人9名・子ども5名)  
    藤田憲明先生

北海道大学病院 手術部麻酔科 助教の藤田憲明先生をお招きして、誰でもできる救急処置について講演していただきました。
先生の講演の話に引き込まれ、実習も楽しく大変勉強になり、講演時間があっという間に終わりました。
医師ならではの視点で、心肺蘇生の重要性、要点、AEDについて、AEDの基本的な使い方、窒息の対応、ガイドラインが変更になり以前とは救急救命の考え方が変わってきたこと(人工呼吸より胸骨圧迫のほうが今は優先して行うなどなど)等、最新の救急処置についてユーモアもあり、わかりやすく説明していただきました。
実習も参加者全員でマネキンを使い窒息の対応、胸骨圧迫、気道確保、人工呼吸、AEDを行いました。
心肺蘇生の実習もみなさん久しぶりの方が多かったですが、みなさんとても上手に行なっていました。
1年に1度は救急処置について勉強実習を行いスキルを維持する、最新の情報を得ることが大切だと実感しました。
たくさん感じたことがあり書ききれませんが、またこのような講演会を定期的に開催したいなと思います。
講演していただきました藤田先生に感謝の気持ちでいっぱいです。

藤田先生にも参加していただき、講演会後交流会を行いました。
昼食を食べながら、講演会の質問、普段の生活で困っていること等みなさんで色々情報交換し楽しいひと時を過ごしました。
就学の事など色々情報を得ることができ良かったです。

参加していただいた皆様、本当にありがとうございました。

« »